モバイル保険【2台目や3台目も】破損や盗難を補償

スマホやタブレットなどの破損や盗難を補償してくれるモバイル保険をお探しのあなた。
いざという時の破損や盗難に対してモバイル保険があると安心です。

 

スマホ、タブレット、ノートパソコンは常に持ち運びをすることが多いので、破損や盗難のリスクがあります。
スマホやタブレットは画面が外部にさらされているので、画面が割れる可能性が高くなります。
モバイル端末が破損をすると修理をするのに費用や時間が掛かります。
スマホの画面がバリバリに割れていても使っている人を見かけることがあります。

 

いつも携帯しているスマホなどが破損すると修理をしたほうがいいのか、それとも買い替えたほうがいいのか悩むことがあります。
使い慣れている機種ということもあり、修理代の方が買い換えるより金額が安い場合は修理をして使ったほうがいいのです。

 

モバイル端末の修理代を補償してくれる制度があります。
スマホなどを新規で購入した場合、大手のキャリアならスマホの修理保証というオプションがあります。
その修理保証のオプションに加入すれば、万が一スマホなどが破損や盗難された場合でも条件の範囲内で補償されますので安心です。

 

しかし、スマホなどを新規購入の際に修理保証のオプションを付けなかった。
もしくは、大手のキャリアではなくSIMフリーや格安スマホで修理保証がない場合だと不安になるかもしれません。
そこで、モバイル保険というものがあります。

 

モバイル保険は、スマートフォン、タブレット、ノートパソコンなどのモバイル端末に掛けることができる保険です。
2台目や3台目の端末にも補償を掛けることができるモバイル保険もあります

 

このサイトでは、2台目や3台目まで補償してくるモバイル保険をご紹介します。
ご参考になさって下さい。

 

モバイル保険をご紹介

2台目や3台目まで補償されるモバイル保険をご紹介します。

 

さくら少額短期保険のモバイル保険は2台目や3台目の端末も補償されます。
Wi-Fiに接続できるモバイル端末が補償範囲となります。

 

購入して1年以内のモバイル端末で破損、損壊、水没・水濡れ、メーカー修理不能、盗難された時に補償を受けることが出来ます。

 

  • 1契約で3端末まで補償
  • 端末買替時も継続補償
  • SIMフリーや中古品の端末も補償
  • 会社名義の端末も大丈夫
  • 年間最大10万円まで補償

 

さくら少額短期保険のモバイル保険は月額700円で1契約で2台目や3台目の端末も補償されます。
端末を買い替えても補償は継続します。
キャリアを変更して機種変更しても補償は継続します。

 

モバイル保険はSIMフリーや中古品の端末も補償されます。
ただし、販売店の3ヶ月以上の保証が付いていて、日本法人のメーカーのて端末が補償対象となります。

 

会社名義のスマホなどでも機器が破損した際に保険加入者の方が自費で修理されるのであれば補償対象となります。

 

さくら少額短期保険のモバイル保険、年間最大10万円まで回数制限なく補償されます。
1台目の主端末に関しては、修理可能な場合で年間最大10万円、修理不可能な場合は2万5千円までとなります。
2台目以降の副端末は修理可能な場合で年間最大3万円まで、修理不可能な場合は7500円までとなります。

 

ご加入の際は、補償対象の詳細を必ずご確認下さい。

 

保証対象外となる場合

補償対象でない場合は次の通りです。

  • 自然の消耗や劣化による変質
  • 擦り傷などの本体機能に無関係な損傷
  • 地震や噴火、これらのよって生じた津波による損害
  • 水害や風害によって生じた損害
  • 日本国外で生じた損害
  • 置き忘れや紛失
  • など

 

ご加入の際は、補償対象外についても詳細を必ずご確認下さい。

 

お申し込みの流れ

@以下の「お申込みはこちら」のバナー(ボタン)をクリック・タップして下さい。
Aモバイル保険の公式サイトに進み、サイト中のピンク色のバナーをクリック・タップします。
B必要事項をご確認して頂き、お申込み下さい。

 

モバイル保険にご加入の方はこちらをクリック・タップしてお進み下さい。

↓     ↓     ↓

 

モバイル保険に加入して、損傷や盗難のリスクを解消してみて下さい。

 

補償の流れ

@修理
お好きな修理店で修理をします。
修理不可能な場合は、修理不可能な旨が書かれたリペアレポートを取得します。

 

A保険金の申請
ウェブから簡単な操作で保険金の申請が出来ます。

 

B保険金支払
保険金申請の翌日から5営業日以内に保険金の支払いがあります。

 

保険金についての注意

モバイル保険の保険金を受取る前の注意点があります。

 

モバイル保険はお手持ちのスマホなどの端末が損傷や盗難された際に補償を受ける事ができます。
例えば、スマホが損傷して修理に出したとします。
その際に修理代をまずはあなたが支払う必要があります。
端末の修理代は先払いになります。

 

その後で、保険会社に修理代を申請して補償を受けることが出来ますので、端末の修理代は先に自己負担で払う必要があります。
保険金が支払われれば、自己負担で支払った金額と相殺になりますが、ご注意下さい。